朝食のこと

当館の28年に渡る人気メニューとして「殿堂入り」、永遠のメニューです。

今まで長年公表したことがなかった当館の朝食。
原型は実は平成元年作で、多少のアレンジはあるもののほとんど変わりない定番中の定番なのです。
というのも、多くのリピーター様から事前確認の電話をいただくこともままありまして、「朝食、まさか変えてないですよね?」とか、それに類するものが大部分なのです。もちろん当館の28年に渡る人気メニューとして「殿堂入り」、永遠のメニューとなりますのでご安心を・・・ 
choshoku_photo02.jpg
白さばフグの西京焼き
朝からとても贅沢感に包まれるご飯の友 ぷりぷり身離れのよい上質な口当たり、西京味噌の浸かり具合がベストです。
旬のりうきゅう
そもそもりうきゅうとは? 安土桃山時代から江戸時代の茶事の際、とても長い時間をかけて茶の湯を楽しんでおりました。途中、食事をとるのですが、なにしろ冷蔵庫などありませんから刺身を「づけ」にしていた様です。おそらく「千利休」(せんのりきゅう)が考えたといわれるこの料理、「りきゅう」がなまって「りうきゅう」となったとの事。 今では大分県でも臼杵地方の郷土食となっているそうです。最高に美味しい「りうきゅう」を試行錯誤した結果、「○○○○のりうきゅう」に至りましたその味を是非♪

クロメのお粥
朝のおなかに優しい「クロメのお粥」 クロメはカジメ科の海藻で、刻んでみりん醤油でそのまま食べたり味噌汁の具にしたりします。ミネラル豊富で粘り成分たっぷりのクロメを混ぜることで、お粥がもっちり旨みを増します。
ページのトップへ